Admin New entry Up load All archives

あしたのために

今欲しい靴! 

johnlobb_derby2.jpg

いつにもましてどうでもよい話しですが、気持ちを整理するために書いています。(^^;;

それは欲しい靴たちの話し。
そろそろ落ち着くかなという感覚があったのですが、最近また妙にざわついています。

まずは外羽根のフルブローグ。
もともと私はオックスフォード(内羽根)好きなのでフルブローグも内羽根で黒が欲しいなと思っていました。

でも一周まわって今は茶系のダービー(外羽根)が優勢です。

johnlobbderby2.jpg

筆頭はやはりロブ。
写真は一番上のものも含めてDARBY2です。

現行だと7000番ラストのDARBY3なのでDARBY2を買うならバイリク。
しかし外羽根とは思えないほどエレガントです。

欲しい....けど今は流石に厳しい。(涙)

ChurchGrafton.jpg

現実的(といってももはや大台ですが)なのはチャーチ。
グラフトンはサンダルウッドも良いし、グレインレザーも良いんですよ〜。

HERRINGから30%オフのdiscount codeが届いたため心が揺れています。(笑)
これはリアルなやつです。

同じく外羽根で急激に興味が湧いているのがUチップ。
いやスプリット・トゥといった方が正しいのでしょうね。

以前は日本でしか売れない靴という偏見に満ちた目で見ていましたが(汗)、今は実に気になる存在です。

DOVER_darkoak.jpg

こちらの筆頭はエドワードグリーンのDoverになるでしょうか。
ダークオークもチェスナッツもシボ革もどれも気になる。

ただエドワードグリーンの靴は店頭で見るとなぜかイマイチ良く思えないんです。
人が履いている(きちんとメンテされている)靴はカッコいいのですが....

このあたりは販売チャネルも含めたブランド力なのかなという気がしています。
以前の価格なら別にそれでも構わないのですけど、今や20万に迫る価格帯ですからね。

jmweston598.jpg

対して試着して俄然良いなと思ったのはJ.M.Westonの598。
定番のタンだとレザーソールで少し赤みのある茶系だとラバーソール。

これまたどちらも良い!
新品で買うなら圧倒的にコスパが光ります。

セカンドハンドでもドーバーは高いので買うならウエストンに決まりかな〜。

でもまだまだじっくり悩むつもりです。
それが一番楽しいですしね。^o^

スポンサーサイト

category: Shoes

thread: メンズファッション  -  janre: ファッション・ブランド

CM: 6 TB: 0   

コメント

こんにちは!
いやぁ、超絶的なアイテムばかり並んでますね^^

私も今一番欲しいのは、フルブローグの靴です。ただ、内羽根で少しドレッシー目でも良いかなと思っております。ちなみに今のところの候補は、SharonさんでのP.Oです。(笑)6月位にまたオーダー会をするそうですので、是非ともチャレンジしてみたいです。

ところで、確かにグリーンの靴って店頭で見ると、質実剛健と言いますか、良い意味で質素なので、ロブのような華やかさは感じませんよね。すごく良く分かります。

履きこまれた方が味がでて、雰囲気が出ると言いますか。ちなみにDOVERは相当履きやすく、合わせやすいのでガンガン使っております。ダークオークも良いですね~♪

rm55 #- | URL | 2016/02/13 20:53 - edit

rm55さん、こんばんは。

フルブローグは靴を揃えて行く過程で絶対通る道だと思います!
イル・チェーロも良さそうですね〜。
私はオーダーするならフィッティングが難しいローファーと考えていますが、シャロンのオーナーさんのUチップの画像を見て「おっ」と思いましたよ。(笑)

グリーンの靴が店頭で今ひとつなのは、ひとつに個体差の問題もあると思っています。
先日とあるお店でフィッティングをした際に、私のアスキスを見た店員さんが「当たりの個体ですね〜」と言っていました。
私のモノは個人輸入ですが、ちょっと複雑な感じです。(^^;;

自分の目で見て判断して買えば良いといえばそうなんですが、ブランドになりたいなら基本的な品質管理はもうちょっとしっかりして欲しいな〜と思っちゃうのです。

もっとも殆どの靴は問題ないものと思っていますけどね。
どちらにしてもドーバーはかなり欲しいですし。(汗)

elnegro #- | URL | 2016/02/13 22:49 - edit

こんばんは!

グリーンは個体差があるのですか~。それは造り、と言うよりも革質のことでしょうか!?

以前、良質な革はほとんどエルメスがタンナーを抑えてしまっており、小資本の工房はかなり良質な革を仕入れるのが難しくなっている。例えばグリーンなんかはその筆頭、というお話を耳にしていたもので気になります。

もし造りそのものに個体差がある、となってしまうと、それはブランド力に関わることなのでもっと深刻かもしれませんね。

rm55 #- | URL | 2016/02/14 22:37 - edit

rm55さん、こんばんは。

造り、革質の両面ですね。
まあ個体差はどこにでもあると思いますが、その許容範囲やチェックの精度が問題かなと。(^^;;

rm55さんはロブとグリーンのファクトリーに行かれていたと思うのでもしかしたら実感があるかもしれませんが、ロブのリジェクト品は何故リジェクトになったのか素人にはわからないと聞きます。
つまりもの凄く厳しい基準で品質をチェックされているということですよね。(そのため価格に転嫁されてしまう訳ですが...)

造りについては数をつくる(利益のために)ことを優先している様に感じる面があります。
これは靴に限った話しではありませんし、ビジネスである以上はそのラインの設定こそが肝なのでしょうけど、最近のグリーンの品質と価格のバランスについて不満を持っている人は多そうです。

販売側が個体差を認める様なことを言っているのがその最たる証拠かなと。
もっとも価格が上がっているのはどこも同じなので、その辺りを冷静に受け止める必要もあるとは思っています。
ついつい昔は良かった、になりがちですからね。(笑)

elnegro #- | URL | 2016/02/14 23:23 - edit

こんばんは。
造り、革質ともにと言うのは残念ですね。

正直ファクトリーに伺った際は、個体差を判別できるほどの能力もなく(今もないですが・・・)、そこまで気にしなかったと言うのが正直なところです。

ただ、ロブについては確かにあまりに綺麗だったので、アウトレットと言われても分からないという印象はありました。

ちなみにグリーンは英国ではファクトリーではなく、ジャーミンストリートの店舗ではそこまで高かった印象がなかったので、もしかしたら日本の代理店が利幅を乗っけ過ぎているのかもしれません・・・。

リデアさん、あまり良い噂を聞きませんので。。。

rm55 #- | URL | 2016/02/15 23:59 - edit

rm55さん、こんばんは。

偉そうに書いちゃいましたが、私も革質を明確に判別する自信はないですよ。(^^;;
靴ではよく昔の方が革がもちっとしていたとか言いますが、昔の靴を所有していないのでイメージしかできません。
でも変わっているのは確実だと思います。
世の中全体がスピードとコストに追われている感じがありますしね。

現地の価格、そういえば最近みてなかったので調べてみたらいつの間にかオフィシャルのオンラインショップができていました!

で、ドーバーの価格は税抜で£737.50 (≒ ¥122093)。
送料£40と関税等を含めても国内価格より数万程度は安く買えそうです。
まあ関税もバカにならないのでやっぱり現地購入が有利ですね。

リデアさん....とりあえず店頭の靴のコンディションにもう少し気を配って欲しいです。(汗)

elnegro #- | URL | 2016/02/16 21:52 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://elnegro.blog71.fc2.com/tb.php/375-6429623a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)