Admin New entry Up load All archives

あしたのために

Decibel Standard 3人掛けカウチソファ 

唐突ですが今年は家の中の立て直しを進める所存です。
手始めはリビングの中心となるソファ。
# 次は冷蔵庫の予定なのですが、こちらも高価なため実に悩ましいです。。

ちなみに以前のソファは(北欧風のファブリック)愛猫の爪研ぎにあいボロボロ....だいぶ前から見るに耐えない状態でした。まあリビングはベビーサークルに赤ちゃん用ジョイントマットと息子対策に特化した状態だったのでインテリアを語る様な状況ではとてもなかったのですけど。

そんな訳でソファを買い替えるにあたり、検討すべきは愛猫の爪研ぎ対策だったのですが、いろいろ探したところNOYESさんのサイトに辿り着き、そこでひとつの答えとして人工スエード生地をみつけました。

人工スエードといえば私はアルカンターラをイメージするのですが、他のサイトでも耐久性が強くペットの爪に安心な素材という訴求がされていたので、人工スエード=ペットに強い生地という構図は割と一般的な考え方なのかもしれません。確かに機能性が高く、洗える素材なので適正があるのは間違いなさそうです。

ただ本革ほどではありませんが、人工スエードはややお高めなので予算的に当初候補として考えたのは価格が控えめなソファベッドのタイプ。家族の誰かがインフルエンザにかかった場合などに機能的で効率的かなと。

そんな感じでゆるーく目星がついたところで素材感と座り心地の確認を目的としてNOYESさんのショールームに行ってみる事に。ショールームは関東だと表参道(なぜかソファのショールームは表参道に集中していますね)、当日は青山スパイラルの駐車場(1日2000円とこの界隈ではお得)に車を停めてショールームのはしごをしましたよ。(^^;;

DecibelStandard.jpg

そのショールームで一目惚れしてしまったのが↑のソファ。
お目当てのソファベッドの展示がないことは事前に把握していたので座り心地が近いものをというリクエストで紹介されたモノだったのですが、憧れのL字でありながら比較的コンパクトで圧迫感が少なくまた座面が広くて硬めという琴線に触れまくる代物でした。

もの凄くいい!と思いましたが、その場では予算に合わないし無理だよなーという印象でした。ただ他のショールームより圧倒的に人で賑わっていて活気がありなおかつスタッフの方のレベルも高かったので、きっとここのソファを買うだろうという印象とカタログを持ってその日は帰りました。

ちなみにNOYESさんは名古屋に工場を持つソファ専業のメーカーさん。HPもわかりやすい親切なつくりですしプレゼンテーションが実に上手いなと感心していたのですが、ショールームでも同様の印象をもったので気になる方は是非訪問してみていただきたいです。

DSC_0008_2017031122585525a.jpg

で何日か真剣に検討した結果、予算度外視で↑を発注していました。(汗)L字への憧れもありましたし、ソファでくつろぎたいというモチベーションが高まってしまったのです。。

更にこのソファは2人掛けと3人掛けのタイプがありそこでも迷いました。サイズ的には2人掛けで十分という感覚もあったのです。でも価格差が少ないし、もし2人掛けで小さいと感じてしまったらイヤだなという想いがあり3人掛けを選択。全く後悔はありませんが、どちらが正解なのかは両方設置して比べてみないと分からない気がします。

カラーはモダングレーで即決、この素材は幸か不幸か選択肢が少なかったので悩まずにすみました。

DSC_0009_20170311225856158.jpg

こんな具合で狭い我が家にもなんとか収まっています。
ラグは全然合っていないのでそのうち変えるつもりですけど。(涙)

幸い愛猫も非常に気にいってくれて座面でくつろいでいます。
懸案の爪研ぎも今のところは見られません。素材的に「ひっかかり」がないのでそういう対象として見ていない様です。ここ実は非常に大事なポイントだと思っています。結局のところ耐久性云々より爪がかからないということが爪研ぎを防ぐ最大のポイントなのかもしれません。

何とか10年位使えると嬉しいのですがどうなるでしょうか!?

スポンサーサイト

category: Accessories

thread: 雑貨・インテリアの紹介  -  janre: ライフ

CM: 0 TB: 0