Admin New entry Up load All archives

あしたのために

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

Church's Grafton R 

DSC_0019_2016022710271456c.jpg

Church'sのGrafton。
前回の記事で書いた通り、30%オフにつられてしまい購入。

ただ久しぶりの個人輸入で色々失念していましたが、関税が厳しくなり消費税も上がったのでヘリングの価格から¥15,000程度上乗せとなりました。

国内正価よりは安いですが、トータル7万オーバーなので正直さほどお得感はありません。(涙)

かつての英国の良心も、もはやプラダファミリーなので仕方ないのかもしれませんが...

DSC_0021_20160227102715275.jpg

いずれにしても念願の外羽根フルブローグです。

DSC_0022_201602271027190e7.jpg

Rの名の通り....

DSC_0025_201602271027278c1.jpg

ラバーソール(ダイナイト)仕様です。

DSC_0023_20160227102717108.jpg

後ろ姿もとっても頑強そう。(^^;;
ダイナイトはメンテ不要で本当に長持ちする仕様だと思います。

DSC_0027_20160227102729e4a.jpg

もう一つの大きな特徴はシボ革であるということ。

DSC_0028.jpg

雨靴としては最強に近い仕様だと思います。

DSC_0024.jpg

年一足という努力目標(?)を早速ぶちやぶり月一足ペースになってしまいました。(汗)

でも同時期に二足売却したので入替えルールは守れています。

売却したのはハワイで買ったオールデンのローファーと7年履いたクロケットのTetbury。
そこそこの額になったのでグラフトンの購入に踏み切れたとも言えます。

DSC_0029.jpg

この仕様なので主に雨の日の活躍を期待していますが、オフも履けるので重宝する予感がしますね〜。
オフではブーツ以外の紐靴をあまり履かない私ですが、幅も広がるかもしれません。(笑)

スポンサーサイト

category: Shoes

thread:   -  janre: ファッション・ブランド

CM: 6 TB: 0   

今欲しい靴! 

johnlobb_derby2.jpg

いつにもましてどうでもよい話しですが、気持ちを整理するために書いています。(^^;;

それは欲しい靴たちの話し。
そろそろ落ち着くかなという感覚があったのですが、最近また妙にざわついています。

まずは外羽根のフルブローグ。
もともと私はオックスフォード(内羽根)好きなのでフルブローグも内羽根で黒が欲しいなと思っていました。

でも一周まわって今は茶系のダービー(外羽根)が優勢です。

johnlobbderby2.jpg

筆頭はやはりロブ。
写真は一番上のものも含めてDARBY2です。

現行だと7000番ラストのDARBY3なのでDARBY2を買うならバイリク。
しかし外羽根とは思えないほどエレガントです。

欲しい....けど今は流石に厳しい。(涙)

ChurchGrafton.jpg

現実的(といってももはや大台ですが)なのはチャーチ。
グラフトンはサンダルウッドも良いし、グレインレザーも良いんですよ〜。

HERRINGから30%オフのdiscount codeが届いたため心が揺れています。(笑)
これはリアルなやつです。

同じく外羽根で急激に興味が湧いているのがUチップ。
いやスプリット・トゥといった方が正しいのでしょうね。

以前は日本でしか売れない靴という偏見に満ちた目で見ていましたが(汗)、今は実に気になる存在です。

DOVER_darkoak.jpg

こちらの筆頭はエドワードグリーンのDoverになるでしょうか。
ダークオークもチェスナッツもシボ革もどれも気になる。

ただエドワードグリーンの靴は店頭で見るとなぜかイマイチ良く思えないんです。
人が履いている(きちんとメンテされている)靴はカッコいいのですが....

このあたりは販売チャネルも含めたブランド力なのかなという気がしています。
以前の価格なら別にそれでも構わないのですけど、今や20万に迫る価格帯ですからね。

jmweston598.jpg

対して試着して俄然良いなと思ったのはJ.M.Westonの598。
定番のタンだとレザーソールで少し赤みのある茶系だとラバーソール。

これまたどちらも良い!
新品で買うなら圧倒的にコスパが光ります。

セカンドハンドでもドーバーは高いので買うならウエストンに決まりかな〜。

でもまだまだじっくり悩むつもりです。
それが一番楽しいですしね。^o^

category: Shoes

thread: メンズファッション  -  janre: ファッション・ブランド

CM: 6 TB: 0   

GLOBER宅配買取 

glober.jpg

先日、GLOBERさんの宅配買取を試してみました。

特徴は対象製品ならブランドの制限なく買い取ってくれること。
対象製品は幅広いのでほぼ何でもOKとみて良いと思います。

ポイントで入金してもらうことができるのもユニークな点。
この場合は査定が20%UPするので、GLOBERさんで購入するものがある場合は有効かと思います。

今回は以前カインドオルさんで買い取ってもらえなかったアイテムを中心にパンツ,シャツ,タイ等を10数点お願いしました。

その結果....全体的な買取価格は正直低めだと思います。(^^;;
ただカイドオルさんほど基準が厳しくないので全て買い取ってもらえたのは好ポイント。

買取査定額を個別に見ているとボトムスはそれなりの価格がつきやすい気がします。
セカンドハンドの場合、トップスよりも抵抗感が少なく販売しやすいのかもしれません。

対してシャツは全体的に苦戦します。特にセレオリ等のノーブランド品は厳しいです。
カインドオルさんでは500円程度、GLOBERさんでは100円程度でした。

タイはカインドオルさんでは買取停止中と断られましたが、GLOBERさんでは1000円程度の値がつきました。
これはちょっと嬉しい驚きでしたね。

いずれにしてもクローゼットがまた少しスッキリしました。
気に入っていなくても持っているとタマには着なきゃという強迫観念に駆られることってあると思います。

多少安い価格でも処分するとスッキリするし、お気に入りの服を着る機会が増えるのは良いかなと。
アイテムにもよりますが、既にローテーションに十分な量はありますしね。。

ただ重衣料やハイブランドなど価格帯が上のものは対面での買取が良いと思います。
宅配だと自分の手を一旦離すので「(安いけど)まあいいか」となりがちなので。
買い取る側もきっとそういう狙いがありますよね。

おまけ。

今回は査定だけでも1000ポイントのボーナスという特典も!
期限切れ間近のポイントも2000位あったのでこのタイミングでキーホルダーに交換。

DSC_0003_20160204234801884.jpg

なんだかちょっと得した気分です。(笑)

category: Accessories

thread: メンズファッション  -  janre: ファッション・ブランド

CM: 0 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。