Admin New entry Up load All archives

あしたのために

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

2015 SS sale vol.4 PT01 SUMMER TRAVELLER SUPER SLIM FIT 

DSC_0002_20150724191524532.jpg

思いがけずルッチカーレさんで初めてのお買い物。
PT01 の SUMMER TRAVELLERです。

DSC_0010_20150725001711145.jpg

先日、昨年に続きグレーのスラックスの股が裂けるという痛ましい事件がおきました。(涙)
モノは5年履いたGTAだったので仕方ないのですが、タイミングが悪すぎます。

この時期ではセレクトショップは厳しいので伊勢丹のセールに出向きましたが、慣れない百貨店でめぼしいものを見つることはできませんでした。

DSC_0011.jpg

そんな時はやはりネットですね。
PT01で探して目についたのがコレでした。

実はこのTRAVELLER、以前から気になっていたのです。
私はジェットセッターではありませんが、機能性の高さに惹かれていました。

おとなしめのグレンチェックもパンツ単体で履くことが多いこの時期には良いのかなと。

DSC_0012_20150724194639221.jpg

SUPER SLIM FITというのもポイント。
モデルにもよる様ですが、EVOだとワタリのもたつきが気になることがあったので。

DSC_0014.jpg

素材はポリエステル54% ウール44% エラステン2%。
もはやウールのスラックスと言えない気が....
耐久性などはじっくりと履いてみて見極めたいと思います。

DSC_0015_20150724194636be4.jpg

これまでそこそこの数のPT01を買っていますがハンガーは初めてゲット!
流石にしっかりとしたつくりでした。

どうでも良い事ですが、思えばBEAMS以外でPT01を買ったのは初めて。
BEAMS離れを物語っているのかも。。

スポンサーサイト

category: Pants

thread: メンズファッション  -  janre: ファッション・ブランド

CM: 6 TB: 0   

SEEK 

DSC_0005_20150724200051f97.jpg

これまで頑にシャツは素肌で着てきましたが、汗でシャツが透けるアラフォーは完全にセクハラ。(汗)
ということで遅ればせながらSEEKを導入しました。

噂は各方面から聞いて知っていたのですが、アンダーに3000円は高く感じて躊躇していました。
また、必要に迫られる時期になると売り切れていたイメージですが、今年は大量に用意したのでしょうかね。
公式通販サイトで苦もなく購入できました。

DSC_0006_20150724200048055.jpg

今回は基本のスキンベージュ、袖短めタイプでスタンダードなものとプレミアムラインのものを購入したのですが、Men's Exとコラボ?した冊子も同封されていました。

DSC_0007_20150724200054d38.jpg

元サッカー日本代表のイケメン、福西さんをもってしても肌着なのでカッコいいとは言えません。。

DSC_0009_201507242000494d2.jpg

特徴は何といってもカットオフの仕様でしょうね。
確かに透けにくさは秀逸です。

買ったものの殆ど着なかったユニクロの類似品とは完全に似て非なるものだということがよく分かりました。

でも値段はやっぱり気になるのでユニクロさんにも頑張って欲しいです。
特許も絡んで難しいのかもしれませんけど。。

category: Shirt

thread: メンズファッション  -  janre: ファッション・ブランド

CM: 2 TB: 0   

UA SHOETREE 

DSC_0002.jpg

久しぶりのシューツリーはUAオリジナルを購入。
コルドヌリっぽい?つくりで¥4,800という価格はセレオリの価値を感じさせます。

中国製とはなりますが、つま先部分がスプリッドタイプでツインチューブ式と仕様は高スペックです。
ちなみにルミネの商品券が4000円分あったことが決め手でした。(笑)

DSC_0004_201507200912555bb.jpg

可能ならブランド(UNITED ARROWS)のプレートは外してもらいたいですが、UAさんは自己主張が強いから仕方がないところでしょうか。(汗)

DSC_0007_201507200912569f1.jpg

サイズはボナフェ7 1/2に対して41をチョイス。
店頭でサイズ40と比較しながら決めさせてもらいました。
まずまずのフィット感だと思います。

DSC_0006_20150720091253f64.jpg

在庫がなかったので1セットしか買いませんでしたが、またルミネの商品券を入手したら買い足そうかなと思っています。
コスト優先で無印良品のシューツリーを使うこともありますが、UAのコスパもなかなかですよ。

ただ店員さんによると入荷が不安定な様なので、購入時には事前に在庫確認することをおススメします。

category: Shoes

thread:   -  janre: ファッション・ブランド

CM: 2 TB: 0   

Pizzeria Vento e Mare 

vento.jpg

ピッツエリア激戦区と化した武蔵小山でも最も評価が高いベントエマーレ。
以前からチャンスをうかがっていたのですが、ようやく機会に恵まれました。

普段ならこの手のお店に妻以外と来る事はありませんが、今回は4月以来となるオフ会の開催場所として、rm55さんが予約をしてくださいました。
# 私が推したお店で恐縮です。。

ベントエマーレは、森下の「BELLA NAPOLI 」で生地づくりを学び、イタリアなどで修行されたピザ職人さんのお店で先日のアド街ック天国でも紹介されていましたね。

ちなみにベッラナポリの池田さんはMen's EXなどで活躍された服飾評論家でもあるため、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
BEAMSの中村さんも以前ブログで一番好きなピッツエリアとして紹介されていたと思います。

それにしても最近都内のピッツエリアの充実は目を見張るものがあります。
ナポリの釜でチーズなどの食材も空輸している場合が多いのでどこも美味しい。

私のバカ舌では正直違いが分からなかったりしますが、ある程度良い素材を使っているお店ならば、生地の塩気や焼き加減などの好みの問題なのかなという気もしています。

pizza.jpg

今回のオーダーは私の独断と偏見で↑水牛のモッツアレラのマルゲリータとクワトロフォルマッジ。
# 話しに夢中で写真を撮らなかったので、写真は食べログから拝借。

どちらも間違いのないおいしさでした。
他にゼッポリーニ、生ハムとルッコラ、帆立のカルパッチョを食べたのですが、どれも素材の良さを生かしたメニューですね。
すべて美味しかったですが、やはりピッツアを中心に考えた方が満足度が高いと思います。

さて今回のオフ会は、左からスナフキンさん、私、rm55さんの3人でした。

IMG_vento.jpg

前回同様に普段はできない話しをたっぷりとさせていただきました。
が、詳しくは書けない話し(!?)も多かったのでばっさり割愛します。(笑)

ただひとつ言えるのは前回以上に濃厚で楽しい時間を過ごすことができ、大いに刺激を受けたということです。

皆さんシャロンさんに傾倒していることも良く分かったので私も再訪したい気持ちを強くしました。
予算はありませんが....必要なのはお金じゃなくてセンスだと某雑誌でも言っていますから。
センスを磨きたいと思います!

category: Gourmet

thread: こんなお店行きました  -  janre: グルメ

CM: 10 TB: 0   

ALSOLE L.B.M.1911 ジャケットのお直し編 

DSC02557.jpg

セールで購入したL.B.M.1911のジャケット。
↑のとおり、かなり袖丈が長かったので直さざるを得ませんでした。

困ったのはお店選び。
パンツの直しはコーダ洋服工房さん、また単純な裾上げなら近場のマジックミシンさんにお願いすることが多いのですが、ジャケットのお直しとなると話しは違います。
相談もしたいですしね。

となれば思い浮かぶのはサルトさん。
ただ二子玉川店は閉店してしまったし....といろいろ探していると、どうやら二子玉川店はALSOLEさんとして独立して営業されていることがわかりました。

また、サルト時代と同様にあの大西さん(Men's EXなどでスタイリストをされていた)が店長をされている!
これは行ってみるしかないなと当日予約で伺ってきました。

img_shop01.png

スタイリストといえば華やかな仕事のイメージですが、大西さんは物腰柔らかく、とても親身に相談にのってくださいます。
後述する価格は決して安くはないのですが、スタイリング的な要素も含めて考えるべきなのでしょうね。
ピッティやミラノ万博、飼い猫の話しなんかもさせてもらいました。(笑)

ちなみに店内は↑な雰囲気です。(写真はHPから拝借。)

さて肝心のジャケット。
袖丈は初めから本切羽のため制約がありましたが、ギリギリの位置まで詰めることに。

DSC02560.jpg

が、袖丈だけなのでわかりにくいですね。。
右は2cm、左は3cm詰めています。

DSC_0005_201507101936225d8.jpg

ギリギリといっても本切羽でボタンを外す前提なので気になる感じはありません。
二つ外しもアリかもですね、こなれ感があるかも?

DSC_0003_201507101936257b9.jpg

着丈については迷いがあったのですが、着用時の着丈をあらためて計ってもらうと71.5cm。

一旦はピンを打ってもらいましたが、「お好みですが今のままの方がエレガントだと思いますよ」というアドバイスに素直に従っています。

もし着丈を詰める場合は、フロント側を1.5cm、バック側を1cm詰める方法を提案されていました。
袖丈だけのお直しで¥4,500、着丈も直すと + ¥8,500だったので、正直価格面でも迷いましたね。(汗)
# 選択肢という意味では心斎橋リフォームさん位の価格のお店が近くにあると嬉しいです。

でも色々と話しができて楽しかったので、相談したい要素がある場合は是非またお願いしたいと思います。

ちなみに今回はヤコブのデニム(J688)もお直しをお願いしています。
まだ仕上がっていないのですが、全体的に細く直してもらっているので仕上がりが楽しみです。

category: Repair

thread: こんなお店行きました  -  janre: グルメ

CM: 6 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。