Admin New entry Up load All archives

あしたのために

Maldives 2011 ep.2 

DSC00069.jpg

長いプロセスを経て決定したハラヴェリ。
売りの一つはこの桟橋だそうです。
本当かどうかはわかりませんが、モルディブで一番長いとか。

一番端にある水上コテージまでは歩いて15分程度掛かります。
よってバギーと呼ばれるカートが頻繁に走っています。

DSCN0367.jpg

魚もいっぱい泳いでいます。

DSC00116.jpg

サメも。浅瀬で小魚を追ってたりします。

DSCN0295.jpg

部屋は、The 水上コテージって感じです。
天井が高い!

DSCN0296.jpg

反対から。

DSC00044.jpg

このMACのシステムは便利でした。
インターネットはもちろん、オンデマンドのTVプログラムでチャンピオンズリーグなどが見れました。
無線LANやipodで音楽を聞くのにもこれを使います。

DSC00045.jpg

バスタブは殆ど使いませんでしたが、結婚式の日はバラをいっぱい浮かべてくれました。
翌日の掃除は大変だったろうな。。。

DSC00046.jpg

シンクは2つ。やっぱり便利です。
タオルはこれでもか!と言うくらい補充してくれます。

DSC00047.jpg

トイレはまあ普通。もちろん清潔です。

DSC00048.jpg

このクローゼットは使い勝手が良い上に、水上コテージには2つあります。
なので1人1つずつ贅沢に使えて快適です。

DSC00074.jpg

こだわっていたプールはもちろんインフィニティです。
最高に気持ち良くて、何はなくとも毎日つかってました。
でもプールというより露天風呂みたい....ですね。

DSC00089.jpg

当然部屋からすぐ海なのでこんなことになります。
もの凄くテンション上がります。

DSCN0338.jpg

プール側から。

窓が大きくて爽快ですが、サングラスは必須です。

ハラヴェリはコンセントの変換アダプターが各部屋についているので、充電に困ることはありません。
旅行で使う家電(デジカメやパソコン、電気シェーバー等)なら大概電圧もOKなので、変圧器やアダプターは不要だと思います。

アメニティではひげ剃りや歯ブラシもありました。
モルディブの場合、環境への配慮から置いて無いところもあると聞いていたので、ちょっと意外でした。
ただ、歯ブラシは靴でも磨くの?って感じのサイズなのでやはり日本から持って行った方が良いと思います。

シャンプーやコンディショナーは全く問題なく、むしろ気に入って使っていました。
妻もそう言っていたので、特に拘りが強くなければ日本から持ち込む必要は無いと思います。

まあやっぱり高級ホテルなんだな、という感じで全てのクオリティが高いです。


スポンサーサイト

category: Travel

thread: 海外旅行  -  janre: 旅行

CM: 0 TB: 0   

Maldives 2011 ep.1 

DSC00234.jpg

モルディブに行ってきました。
いや本当に楽園みたいなところってあるものですね。

もともと新婚旅行ならヨーロッパ。
憧れがあるクロアチアに行くか?メッシが全盛期のうちにスペインに行くか?それともフランスか?という感じだったのですが、何となく滞在型ビーチリゾートでのんびりする方が良いかも?なんて流れに傾きだしたころからモルディブが急浮上しました。

で、昨年の夏位に旅行代理店(モルディブの場合はSTWというところが有名)に行って情報の収集を始めました。

そこから色々と学ぶ訳ですが、モルディブの場合は各々のリゾートを知るところから始まります。

モルディブは1つの島に1つのリゾートという形式なのでリゾート選びがホテル選びであり、滞在する島を選択することになります。リゾート間の移動も可能ではありますが、通常は1島で旅行期間の殆どを過ごすことになります。しかもリゾートの数は100位あるらしい。。。。

もちろんリゾートのランクや人気、時期(乾季、雨季)によって値段も全然違います。
いずれにしても決してお安くはない価格帯ですけど。

値段以外の面でもリゾート選びは複雑です。
ラグジュアリー感を優先するのか、カジュアルだったり素朴な感じが良いのか?
ダイビングをするのか?シュノーケリングなのか?絶対に外せないエクスカージョン(オプションツアー)があるのか?これらは立地にも関わってきます。

他にもヨーロッパからのゲストが多いとか逆にアジアが多いとか...。
最近はどこも中国や韓国からのゲストが増えていると言われています。
一部マナーの問題が聞かれますね。
微妙な話題ですが、他の人のブログなど見ていても無視はできない問題だと思います。

あと立地はダイビングやシュノーケリングのスポットという意味以外でも、マレというモルディブの空港島からリゾートまで、スピードボートでアクセスできるか水上飛行機に乗る必要があるか?という問題もあります。

なぜなら水上飛行機は昼間しか飛ばないので、マレに到着するのが夜になってしまう日本からのフライトの場合、空港近くのホテルに1泊する必要がでてきてしまうのです。

DSC00041.jpg

これまた微妙ですよね。
個人的に水上飛行機からの景色はおすすめですけど。

で、結局リゾートはどこが良いのか?と問われるとやっぱり答えは無い様に思います。

もっとも新婚旅行で挙式予定があり、予算とスケジュールをある程度固まっていれば旅行代理店がいくつか提案してくれるのでそこから検討を開始するのが良いでしょうね。
もちろん実際に行った方のブログも非常に参考になります。

私もSTWに3つ提案してもらいました。
結局提案してもらったところと全然違うリゾートに決め、しかも違う旅行代理店で手配をお願いしてしまいましたが、きっかけをくれたSTWには非常に感謝しています。

といった長い(本当はもっと長いですが)過程を経て決定したリゾートは、Constance Halaveli Resortでした。

決め手は、
・水上コテージ(ハラヴェリの場合水上ヴィラ)
・部屋にプールが付いている
・レストランが複数ある
といったところです。

個人手配も考えましたが、価格的なメリットがなかったので結局WTPという代理店に手配してもらいました。
これが正解だったことを後で痛感するのですが、それはまた別のお話しです。。。


category: Travel

thread: 海外旅行  -  janre: 旅行

CM: 2 TB: 0