Admin New entry Up load All archives

あしたのために

JOHN COMFORT & Francesco Marino 

DSC_0014_201806220859538fe.jpg

暗い写真になってしまいましたが、プレセールで買ったタイ。
1本目は英国調を意識して JOHN COMFORT のレジメン。
但し、かつてのドレイクスと同じく日本製(FAIRFAX)です。。

DSC_0015_20180622085950a1d.jpg

そこは少し気になったのですが、購入に至ったのはスフォデラート(裏地なし)だったから。
ハンドメイドでもある様です。

以前は裏地の有無に拘って無かったのですが、あるショップのマネージャーさんが「裏地なんていらない、ありえないですよ!」と強い口調で言っていたのがなぜか強く残っていて、それ以降は裏地があるタイは買っていません。(汗)

DSC_0016_2018062208594963d.jpg

色味として赤を入れたのは来月から転職するにあたって少し強さを出そうと思ったから。(笑)
緑も入れたかったのですが、ことごとく売り切れてしまっていたので諦めました。

DSC_0025_201806220859436c1.jpg

もう一本はお気に入りのマリーノ。
こちらは正確にはレップタイですね。

DSC_0026_20180622085955017.jpg

もちろん裏地なし。
柔らかさとモダンでスタイリッシュな雰囲気を感じました。
このタイではクールさを印象付けようかなと思っています。(^^;;
スポンサーサイト

category: Tie

thread: メンズファッション  -  janre: ファッション・ブランド

CM: 0 TB: 0   

2017 SS sale vol.1 Francesco Marino & Eredi Chiarini 

DSC_0008_20170611214357ac6.jpg

外出のついでに丸の内に寄れたのでプレセールに参戦!
主に消耗品の補充ですが、ちょこちょこ買ったので適宜戦果を報告したいと思います。

まずは奇しくも昨年と同じ組み合わせとなったFrancesco MarinoとEredi Chiariniのタイ。

DSC_0010_20170611214358516.jpg

エレディキャリーニはコットンシルクのもの。
復元力に難があるかもしれませんが、清涼感のある色柄だったので一目惚れでした。今年は久しぶりにレジメンタルにしようと思っていたんですが....

DSC_0011_20170611214354950.jpg

マリーノは昨年購入したブラウンのツイルがかなり良かったのでネイビーを追加。ドレイクスの50オンスツイルにほつれがでてきたので入替えます。(^^;;

IMG_0003.jpg

エレディキャリーニは先週早速デビュー。
JKTとの相性はともかくサックスのシャツとは合いますねー。

category: Tie

thread: メンズファッション  -  janre: ファッション・ブランド

CM: 0 TB: 0   

2016 SS sale vol.2 Francesco Marino & Eredi Chiarini 

DSC_0016_2016061422150118e.jpg

Francesco MarinoとEredi Chiariniのタイ。
私はこの時期になると殆どタイはしないのですが、今年のSSの立ち上がりにタイのバリエーションの少なさを痛感したので何本か買い足そうと心に決めていました。

で、選んだのがこの2本。

DSC_0019_20160614221458f78.jpg

1本目はフランチェスコマリーノ。面白みもなくソリッドですが、これは前々から狙っていました。
やはりシンプルなタイが一番使えますしね。

DSC_0017_201606142215002b2.jpg

安定の裏地無し仕様、使いやすい事間違い無しです。
ブルーも買ってしまおうか悩んだのですが、一度に似た様なアイテムを複数買うのは極力控えています。(^^;;

DSC_0020_201606142221009b6.jpg

ということでもう一本は柄物で。(笑)
初のエレディキャリーニ。

DSC_0021_201606142221011e3.jpg

BEAMSの解説によると....

1884年創業のフィレンツェの老舗セレクトショップのオリジナルブランド。クラシックスタイルを伝え続ける名店として名高い。とのこと。

ブランドというよりセレオリって感じな訳ですが、BEAMSではちょこちょこ見ますね。今回はその色柄の秀逸さと裏地無し仕様に惹かれて購入してみました。

早くデビューさせたいと思いつつ、もはや私の職場にタイをしている人は皆無なのでなんとなく機会を逃しています。。(涙)

category: Tie

thread: メンズファッション  -  janre: ファッション・ブランド

CM: 4 TB: 0   

2015 FW sale vol.4 

DSC_0005_20151227221711d08.jpg

年内の戦果はコレで最後になると思います。

BEAMSで購入したネクタイ2本、年の瀬感もださずに今回もさくっといきます!

どちらも自身初のメーカーなのですが、1本目は personality (ペルソナリティ)。

DSC_0003_20151227221712c62.jpg

BEAMS オンラインショップの解説によると....

1966年イタリアのミラノにて設立。ハンドメイドでネクタイやスカーフを生産。(良質の織物やプリント生地を使用)イタリアの伝統工芸に加え、シルクやカシミヤ、ウール、綿、麻などの高品質で独自性の高いファブリックに関する継続的なリサーチによって、仕事の丁寧さはもちろん、手縫い仕立てや5つ折り・7つ折り仕立て、個性的な芯地など様々なスペシャルモデルをお客様に提供することを可能にしている。

だそうです。

コンサバでクラシックでありながら、ミラノのメーカーらしくどこか都会的。

比較的価格抑えめな点も好印象でした。

DSC_0002_201512272217098bf.jpg

イタリアのセレクトショップオリジナルも多数手がけているそうですよ。

IMG_1941.jpg

インスタでは既に公開済みでした。

DSC_0012_201512272217132e8.jpg

2本目は、Francesco Marino (フランチェスコ・マリーノ)。

フランチェスコ・マリーノは、ナポリ近郊のネクタイと刺繍の名産地「サンジョルジオ・ア・クレマーノ」にて、その伝統文化を一身に担う男「フランチェスコ・マリーノ」の冠したネクタイブランド。イタリアでは「カサンドラ」の名で知られ、その仕事の大半が、今なお手縫いで行われる、創業1928年の老舗ネクタイ工房です。しっくり収まり、且つ緩まない結び目、また長年の使用にもねじれることのない、耐久性の高さが魅力。そのクオリティが認められた現在では、ナポリの有名サルトからの注文や有名ショップのオリジナルの多数をこのネクタイ工房が手掛けています。

DSC_0014_20151227221726096.jpg

以前から購入しようと思っていたのですが、目を離した隙に店舗(横浜のEX)からなくなっていました。。

幸いオンラインに残っていたのでそちらで購入。

DSC_0013_20151227221715fe2.jpg

この控えめなチェックが刺さりました。

こちらは来年そうそうにデビューさせたいと思います!

category: Tie

thread: メンズファッション  -  janre: ファッション・ブランド

CM: 4 TB: 0   

2014 FW sale vol.3 

DSC02332.jpg

今回は小物をサクッと。

LUIGI BORRELLIの小紋柄プリントタイです。
以前から狙っていたものをオンラインで購入しました。

DSC02333.jpg

Holliday & Brownにも魅力的なものが多く迷いましたが、
SSで買わなかった後悔が強く残っていたのでボレッリに
決めました。

絶対の安心感がありますしね。

DSC02334.jpg

この時期にウールではなくシルクのタイを買うのは久しぶりです。

category: Tie

thread: メンズファッション  -  janre: ファッション・ブランド

CM: 0 TB: 0